タキシード会議タキシード会議の楽しい紳士礼装礼服フォーマルウェアの着方がわかる
★グローバルスタンダード仕様★


タキシード会議(着るモノ)

HOME
基本(はじめに)
(着るモノ) 
(着るコト)

ディレクターズスーツ の目次

ディレクターズスーツとは?

ディレクターズスーツは、第二次大戦前に 欧米で流行した重役の執務服 ダークなダブルのスーツ。そのフォーマルの着方が、モーニングに次ぐ 昼の準礼装ディレクターズ。
日本のディレクターズスーツは、1990年代始めに、ブラックスーツ(略礼服)の上着とモーニングのコールズホンを組合わせて、商品化されたものです。
世界の人々が認める礼服ではありませんが、世界の人々が認めるグローバル・スタンダード(世界基準)の昼の礼装「アスコットな楽礼装」の一つです。

ディレクターズスーツのグローバル・スタンダードな着方は?

世界の人々も、グローバル・スタンダード(世界基準)の昼の礼装「アスコットな楽礼装」と認識している、洒落た着こなしを二つ三つ。

昼間の結婚式・披露宴。

結婚式は、立衿シャツにアスコットタイ(フォーマル用)、披露宴ではアスコットスカーフ(カジュアル用)に替える。教会結婚式、レストラン、ガーデン等のパーティで、英国風の優雅な紳士に見られる事でしょう。

午後からの結婚式・披露宴。

陽が高い内は、まだまだ昼間です。しかし、アスコットタイ・縞柄のモーニングタイ・縞のズボンは、午前中 モーニングのイメージが 強すぎます。立衿シャツに 色柄物の礼装用ネクタイを、御薦め致します。

昼間のビジネス関連のセレモニー、パーティ。

礼装用ネクタイを、明るい色柄のネクタイに替える。ブラックスーツに白ネクタイ、あるいは普通のスーツ姿の周りの人々とは、一味違ったお洒落上手に見られます。シャツは、白のワイシャツでもOKです。

弔事の場合。

白のワイシャツ+黒のベスト+黒ネクタイにします。

御注意。日没後は絶対に いけません。昼間専用の礼装です。

Copyright © 1996-2002 JAPAN TUXEDO CONFERENCE All Rights Reserved.
著作権:タキシード会議® 転載引用厳禁
http://www.tuxedo.co.jp/
Valid CSS! Valid XHTML 1.1!