タキシード会議タキシード会議の楽しい紳士礼装礼服フォーマルウェアの着方がわかる
★グローバルスタンダード仕様★


タキシード会議(着るモノ)

HOME
基本(はじめに)
(着るモノ) 
(着るコト)

フロックコート の目次

フロックコートとは?

Frockとは、16世紀から17世紀、ヨーロッパの農民達が、外出や農作業の際に着用した、粗末な布で作った長い袖の付いた、丈の長い服の事です。今でも、修道士の着る袖の長い修道士服を、フロックと言います。
その後、上等の布地、洗練された仕立で、一般市民の外出着 フロックコートになりました。
18世紀、男性の普段の服装(シャツ+ベスト+ズボン)に、+ネクタイ&フロックコートで、外出の際の英国紳士の正しい服装、「スーツ一揃い」が確立しました。そして、フロックコート・ベスト・ズボンは、現代のビジネススーツの原点です。
現在では、フロックコートは、完全に過去った昔の時代衣装です。

フロックコートのグローバル・スタンダードな着方は?

仮装と受取られない為にも、ブライダル等で礼装として着用の際は、スーツで「アスコットな楽礼装」と同様に、必ず 立衿シャツとアスコットタイを、組合せて下さい。これで世界の多くの人々も、昼間の礼装と納得致します。

Copyright © 1996-2002 JAPAN TUXEDO CONFERENCE All Rights Reserved.
著作権:タキシード会議® 転載引用厳禁
http://www.tuxedo.co.jp/
Valid CSS! Valid XHTML 1.1!