タキシード会議タキシード会議の楽しい紳士礼装礼服フォーマルウェアの着方がわかる
★グローバルスタンダード仕様★


タキシード会議(着るコト)

HOME
基本(はじめに)
(着るモノ)
(着るコト)

クルージングの着こなし事例 の目次

船上パーティが数回あります。目立たないタキシードを作る予定です。ドレスコードは、フォーマルの他に、インフォーマル、カジュアルの日もあります。どのような服装が良いですか?

それにしても、クルーズとは誠に羨ましい限りです。
クルーズ中は、少なくとも3回は、タキシード着用のチャンスが有ります。
クルーズは、短期集中的にタキシードの勉強が出来る、とても良い機会です。

  1. クルーズ初日の夜、船長主催の「歓迎パーティ」です。貴方様のタキシードデビューです。
    黒のタキシード上下+立衿ヒダ胸シャツ+黒の蝶ネクタイ&カマーバンドに、ポケットチーフは白のスリーピークorパフ挿し…の正しい「タキシードの正礼装」で、臨んで下さい。
    タキシードは、女性を引立てる為の、極めて目立たない服装です。胸を張って堂々と、奥様をエスコートしてあげて下さい。
  2. クルーズ中は、色々な趣向を凝らした パーティが、何回も有ります。楽しい「タキシードな楽礼装」を、試みて下さい。
    ドレスコード(服装の案内)に「インフォーマル」の日は、ジャケットを着れば 間違いありません。
    カジュアルジャケットの時は、蝶ネクタイする事、御忘れなく。タキシードのズボンを組合せると、よりフォーマルです。
    タキシードの上着の時は、ノーネクタイ。カジュアルウェアと組合わせると、よりカジュアルです。
    ドレスコードに「カジュアル」とあっても、ポケットに 蝶ネクタイを忍ばせて置けば、恥ずかしい思いをする事は 有りません。「何もかも 蝶タイすれば タキシード」ですから…。
    場数を踏めば貴方様も、パーティの趣向に、ピッタリの着方・着こなし出来る様になります。パーティが、タキシードが楽しくなります。
  3. クルーズ最終日の前夜は、船長主催の「サヨナラ・パーティ」です。
    楽しいクルーズの思い出に、ちょっと楽しい「タキシードの楽礼装」を致しましょう。
    例えば、クルーズ初日の正しいタキシードの礼装の内、ポケットチーフに、寄港地で御求めになった、奥様と御揃いのスカーフorバンダナを、パフorクラッシュで無造作に挿してみるのも、面白い。或いは、ブローチ等のアクセサリーを、御揃いで用いてみては、如何でしょうか。

クルーズは、短期間で楽しみながら、お洒落上手になれる、又とないチャンスです。素敵な楽しい思い出に残る、クルーズで有ります様に。

タキシードの他に、どんな服を用意したら…?

クルーズに、ONタイム、ビジネスは有りません。従ってスーツは、必要ありません。有るのは、パーティとプライベートなOFFタイムだけです。フォーマルウェア…タキシード一式と、カジュアルウェア…ジャケット・ベスト・シャツ・パンツを少し多めに用意して下さい。
フォーマルの日だけでも、乗船初日のウェルカムパーティから、下船前夜のフェアウェルパーティ迄、少なくとも3回は有ります。顔見知りになった方々とは、パーティ・ディナー・ランチ等々その都度、顔を合わせます。毎回、違った着方・着こなしで、お洒落を楽しみましょう。
その為に、着回し・使い回しの効くジャケット・パンツ・シャツ・小物が必要です。
例えば、カジュアルなジャケット。インフォーマルな日は勿論、タキシードのパンツ・小物と組合わせてフォーマルの日に。
例えば、カジュアルなパンツ。ブレザーと組合わせてインフォーマルに。タキシードのジャケットと組合わせてフォーマルに。
例えば、蝶ネクタイ&カマーバンド・ポケットチーフ。奥様のドレスと良く似合う色・柄物を選ぶのが、欧米では一般的です。そして「全ての服が 蝶タイすれば タキシード」と認識しています。インフォーマルの日も、ポケットに蝶ネクタイを忘れずに。私も何度か、これで恥を掻かずに助かっています。一、二点は余分にお持ち下さい。
例えば、立衿のシャツ。タキシードは勿論、全ての服を、よりフォーマルに見せます。
クルーズの間は毎日、お洒落ごっこを致しましょう。着るモノ・着方・着こなしを考えましょう。思い付きでいいのです。遊び心と洒落っ気でキメテ下さい。遊びなんですから。思いっきり楽しみましょう。

荷物を増やしたくありません。ジャケット・蝶ネクタイ・立衿シャツの「タキシードな楽礼装」でも良いですか?

クルーズにビジネスは、有りません。必要なのは、カジュアルとフォーマルだけ。スーツよりタキシード&ジャケットです。
着回し・使い回しを考慮した、貴方様の服装計画に賛成です。これに、タキシードのパンツ(or略礼服のズボン)とカマーバンドを加えると、よりフォーマルな「タキシードな楽礼装」になります。
そして、アクセサリーで御夫妻の仲睦まじい処を、演出して下さい。例えば、ポケットチーフの色を、奥様のドレスの色に合わせるとか・・。例えば、旅先で御求めになった、御揃いのスカーフ・ブローチ等を身に付けるとか・・。より楽しい「タキシードな楽礼装」になります。

夏のクルージングの服装は?

白or生成りのジャケットを、お勧め致します。

ドレスコードにフォーマル。
夏の礼装に、黒のタキシードも、夏用に白のタキシードの上着も、着用する人は減少傾向にあります。
今、世界の一般的な夏礼装は、白or生成りのジャケット(麻なら最高)+タキシードのズボン(黒のズボンで可)+立衿のシャツ+黒or明るい濃い色の蝶タイ&カマーバンドの「タキシードな楽礼装」です。

ドレスコードにインフォーマルorカジュアル。
我々日本人が引っ掛かり易い点です。パーティです。平服、カジュアルそのまんまは、いけません。遊びの礼装です。洒落のつもりで、タキシードの上着、タキシードのズボン、立衿のシャツ、蝶タイ、カマーバンドの内、少なくとも一品は身に付けて下さい。

「フォーマルに ビジネス・カジュアル 着こなせる 夏ダンディーは 白のジャケット」 白or生成りのカジュアルなジャケット、一着あると、クルーズその他に、色々と重宝します。

ドレスコードがディナージャケットの場合は?

ディナージャケット・・タキシードの事を欧州、特に英国の人は、こう呼ぶ様です。
正しいタキシードの礼装の時は、ドレスコードで「ブラックタイ」又は「イブニングドレス」と、指示があると思います。ドレスコードに「ディナージャケット」とあった場合の極端な例としては、カジュアルなウェアにタキシードの上着を引っ掛けただけでも、OKと言う事もあります。
一昔前の夏のクルーズでしたら、白のタキシードの上着(ディナージャケット)が必需品でしたが、今は、白のジャケットを用意なさる方が多い様です。デザイン・素材は問いません。カジュアルな物が、後で色々と着回せるので宜しいでしょう。

パーティは、楽しい御洒落ゲームです。私共のHPで、楽しい「タキシードのorタキシードな楽礼装」をあれこれと、楽しく思案なさって、そのパーティに相応しい着方・着こなしを決めて下さい。同船の方々と情報を交換して、決めるのも楽しいと思います。
『ラフに着て 着樂気楽のタキシード 遊び心と 洒落っ気でキ・メ・ル』これが楽しい礼装の極意です。

Copyright © 1996-2002 JAPAN TUXEDO CONFERENCE All Rights Reserved.
著作権:タキシード会議® 転載引用厳禁
http://www.tuxedo.co.jp/
Valid CSS! Valid XHTML 1.1!