タキシード会議タキシード会議の楽しい紳士礼装礼服フォーマルウェアの着方がわかる
★グローバルスタンダード仕様★


タキシード会議(着るコト)

HOME
基本(はじめに)
(着るモノ)
(着るコト)

卒業式・入学式の着こなし事例 の目次

卒業・入学でご本人の服装は?

学校行事、特に入学・卒業式等のセレモニーには、学校独自の伝統の仕来たりや、慣習が有るかと思います。
もし、特になく自由であれば、卒業式・謝恩パーティには、タキシードをお勧め致します。
それも レンタルや、親掛かりじやなく、自分で稼いで購入した、れっきとした自前のタキシード!
21世紀は国際化の時代、世界に羽ばたく諸君が、タキシードも持たずして、一人前の男と言えるだろうか!堂々と世界に伍するビジネスマンと言えるだろうか!
自主独立・開拓進取のアメリカでは、ハイスクールの卒業パーティに、自前のタキシードを着るのが慣しです。
頑張れ日本の大学生! 男なら世界の礼服タキシードです。

卒業・入学で父兄の服装は?

特に礼装に拘る必要は無いと、思います。私の見た感じでは、普通のスーツ姿が多い様な気が致します。
スーツ(三つ揃)+シャツ+ネクタイの組合わせは、英国伝統の紳士の正装(正しい服装)です。
ネクタイを、春らしい色の礼装用に替えてみては如何でしょうか。例えば、明るい淡い色のピンクとか…。百貨店のフォーマルコーナー、ネクタイ売り場を、覗いてみて下さい。
もしも、三つ揃のスーツを新調なさる様でしたら、ダーク系のもの(例えば グレーとか)をお勧めします。色々と着回し・着こなしが楽しめます。
そして、奥様が明るい色のスーツorドレスor和服の場合は、ブラックスーツ(略礼服)も良いと思います。奥様の御召物を一段と引立てる事でしょう。(ネクタイは、先程のスーツの場合と同じです。白ネクタイは絶対にイケマセン!)奥様と御相談の上、御決め下さい。

卒業・入学で挨拶する場合の服装は?

一昔か、二昔前でしたら、校長先生・PTA会長・御来賓の皆様は、モーニング着用に決まっていました。今は、「ブラックスーツ+白ネクタイ」の略礼装が多い様ですが、これは「世界の非常識」です。
「正しい礼装」を必要としない現在、国際化の進んだ今は、グローバルスタンダードの昼間の礼装「アスコットな楽礼装」を、御薦め致します。
「ブラックスーツ+白ネクタイ」の略礼装の内、ズボンをモーニングの縞ズボンに替えるだけ。これで、世界の多くの人々が認める、世界で通用する昼間の礼装になります。
ネクタイも、白ネクタイ・礼装用ネクタイ・モーニングの縞ネクタイ等に替えて、細かい織柄の普通のネクタイにするのも、洒落てます。
シャツを、立衿シャツにすると、よりフォーマルです。アスコットタイ+立衿シャツなら、完璧な「アスコットな楽礼装」です。

卒業・入学で教員の服装は?

学校行事、特に入学・卒業式 等のセレモニーには、学校独自の伝統の仕来たりや、慣習が有るとは存じますが…。
校長先生・教頭先生、アスコットモーニングを、お勧め致します。モーニング三つ揃+立衿シャツ+アスコットタイ(フォーマル用)の組合わせです。これは、世界の多くの人々が認める、英国伝統のの昼間の正礼装です。
学長・理事長・教授各位、正しいタキシードの礼装を、お勧め致します。黒タキシード上下+立衿ヒダ胸シャツ+黒の蝶タイ&カマーバンドの組合わせ。アメリカの大学関係者が、フルドレスと呼んでいる伝統の着方です。

なお、ブラックスーツ(略礼服)に白ネクタイの略礼装は、絶対にイケマセン。学校及び先生方の品格・品性が、疑われ兼ねません。御注意まで。

高校の教員です。朝から卒業式・謝恩会と続きます。着替えの時間は有りません。それぞれに相応しい服装を…?

『春の日や 式・宴・宴と 終わりけり』よくよく考えてみれば、おおかたの慶事、祝事は、式・宴・宴の三点セット。着替えの時間も、ままならぬ。そこで簡単に出来るタキシード会議流、式・宴・宴の服装術を御指南申し上げます。

登校の際:ブレザー+立衿シャツ又は普通のワイシャツ+アスコットスカーフ。

:立衿シャツが、よりフォーマルで、ネクタイの取替えも素早く出来ます。

午前中、卒業式:アスコットスカーフをスクールカラーのネクタイ(制服のネクタイ)に替える。ポケットチーフは、白をスリーピーク挿し。

注:制服は、その団体だけのフォーマルと、世界の多くの人々も認識しています。スクールカラーのネクタイで、その学校の礼装になります。

午後、市内のホテルで父母会主催の謝恩会:スクールカラーのネクタイを蝶タイに替える。ポケットチーフは、蝶タイと同色又は白で、パフ又はクラッシュ挿しにする。世界の多くの人々が認める タキシードな礼装です。

:ネクタイ、ポケットチーフは、ポケットに忍ばせておいて、折りを見て素早く取り替える。本番前の練習、怠りなく。

夜、教員有志で慰労会:蝶タイを、再びアスコットスカーフに。お開きで、そのまま帰宅。

『春の日や 式・宴・宴と 楽しけれ』の一日でありますように、祈成功。

ご注意:ブラックスーツ(略礼服)に白ネクタイの略礼装は、絶対にイケマセン。

Copyright © 1996-2002 JAPAN TUXEDO CONFERENCE All Rights Reserved.
著作権:タキシード会議® 転載引用厳禁
http://www.tuxedo.co.jp/
Valid CSS! Valid XHTML 1.1!